ためこみ症

私の人生これでいいのか?問題|ためこみ症の夫

ためこみ症
広告
広告

私の人生これでいいのか?問題

「私の人生これでいいのか?」という問題に今ほど真剣にこれまで私は向き合ったことがありません。

それは降って湧いたように近頃の私に突然覆い被さってきたのです。

今回は重度のためこみ症の夫と30年近く暮らし続けてきた妻である私の最近の気持ちの変化を客観的に見つめ考えてみようと思います。

窓を覆い尽くす夫のため込んだモノ

リビングの窓を覆い尽くす大量のモノ

憧れの生活

30年近くもモノに埋もれた生活を続けるうちに私はたくさんの事を諦めてきました。

例えばリビングでテレビを観たり本を読んだりしてくつろぐこと。

食卓を囲み、その日にあったことなどを話す家族の時間。

窓から眺める季節折々の空や風景。

そして時には友人たちを招いてお茶会や夕食を共にすること…。

私が望む生活は贅沢をすることではありません。

別荘が欲しいわけでもありませんし、高級車にもブランド物にも全く興味がありません。

私にとっての憧れの生活…質素でも自分で選んだ心地よいものに囲まれ大切な家族と身も心もくつろげる時間を過ごすことです。

自宅でくつろぐなどは当たり前のことだと思っていましたが、結婚後そうではないのだと気づきました。

もしかしたらさまざまな事情で自宅でくつろぐ事ができない方は少なくないのかもしれませんね。

なぜここから抜け出せないのか

そんな憧れの生活からは程遠い状況の我が家から私は何故抜け出そうとしなかったのか?

もちろんさまざまな手段で夫に掛け合い我が家の状態を改善しようと試みました。

「片付ける片付ける」という夫の面倒くさそうな返事を半ば疑いながらも信じていた…信じたかったという方が正確かもしれません。

夫と心を通じ合わせればいつかわかってくれる時が来るのではないかと期待しましたが、夫は全く歩み寄ろうとせず私の方が一方的に自分の意思や希望を封じ込める形になってしまいました。

夫はモノをためこむ以外にも自分の考えこそが全てで相手の気持ちなど汲み取ることは全くできません。

離婚を考えたこともありましたが実際の私は何も行動に移せずただただ夫の集めた大量のモノに埋もれて暮らし続けてきたのです。

何故ここから抜け出せなかったのか?

継子を含む子どもたちがいたから離婚し辛かったということもありますがそれは単に言い訳で、ただただ意気地なしだったのだと今となっては思います。

自分の内面をじっくり見つめてみると、そこには自信のなさや自己肯定感の低さがあるのだと思います。

困った状況を作り出す夫に対して尽くすことで私の承認欲求が満たされていたのかもしれません。

ですから私の長年にわたる悩みというのは私が生みだしたものとも言えます。

もし、私が健全な心の持ち主ならさっさとこの家を出たと思います。そして自分の心が望む環境に身を置いたでしょう。

私が今置かれている状況は夫の問題でもあり私の抱える問題でもあります。

歪んだ私の内面がここから抜け出す事を許してはくれなかったのでした。

こんな人生でいいのかな

こんな人生で良いのだろうか?

人は誰でも一度は思うものなのでしょうか?

私は今まで壮絶な環境の我が家で暮らしながら常に現実から自分を切り離していました。

意識の中に我が家の状況を入れないように細心の注意を払っていましたから、そのようなテーマも心の奥底に沈めてしまったのかもしれません。

来る日も来る日も夫が集めた大量のモノに埋もれて現実から目を背けて暮らしてきたのですが、それは同時に私の人生からも目を背けてきたと言えます。

事情を隠すことなく相談し続けている私の友人3人ともが、早い段階で「その家を出たほうがいい」と勧めてくれていましたが私は耳を貸そうともしませんでした。

夫のためこみ行動は出会った頃にはすでに重症でしたし別に私に何か責任があるわけではありません。

ですが私は頑なに自分には一旦引き受けた夫を最期まで見届ける責任があるように感じ、その責務を放棄することは頭にありませんでした。

それが私らしい生き方だと信じて疑いませんでしたし、ただただ夫が天に召される日まで生き延び、この家を綺麗に片付ける日を待ち望んでいたのです。

そして全て片付いたら念願のネコと暮らす生活がしたいとそれだけを希望に生きてきました。

ですがそんな日はいつ来るのか?

1年後?それとも3年後?…10年後かもしれない。

まだ次男が学生で家にいた頃、「お母さん、そんな人生でほんとにいいの?」と聞かれた事がありました。

その時は自信たっぷりに「いいのいいの。ここが片付いたら気が抜けて次の日死んじゃうかもね。」など冗談を言った事を覚えています。

ですが最近の私は、毎日「私の人生これでいいのか?」と自分に問いかけています。

子どもたちが手を離れたことや、夫が突然に仕事を辞めてきた4年ほど前から私が夫に尽くさなくなったことで夫婦の関係がさらに悪化していることも強いストレスになっていて日々耐え難い生活になっているからです。

きっと私が夫を受け入れられないように夫も私を受け入れられませんし、私がいないほうがもっと自由に家にモノを詰め込めると思っているはずです。

この頃は夫と一緒の空間にいるとここには書けないような醜い気持ちが沸々と湧き上がってくることが本当に辛く感じるようになってしまいました。

お互いがそんな気持ちのまま、この後の人生を続けていていいのだろうか。

それとも諦めの気持ちとともにこの私の内側にある醜い感情も波が引くように薄れていくのか?

そうこうしているうちに私の一生が終わってしまうのではないだろうか。

本当の私はどうしたいと望んでいるのか??

素直な気持ちで自分の心の中を覗いて観察し、今後どのように生きていくのか今更ながら考えていきたいと思います。

どんな選択をしても後悔しないように強く生きていきたいです。



コメント