ためこみ症

家の中の困った人|ためこみ症の夫

木のドア ためこみ症
広告
広告

家の中の困った人

「困った人」と言っても愛嬌があってクスッと笑ってしまうようなものなら、その人らしさとして愛すべきものですね。

ですが他の人の人生にまで暗い影を落としてしまうような「困った人」ともなると話は別です。

同じ家に住む家族の悩み

そしてそんな人が同じ家の中に住む家族の一員ならかなり深刻です。

赤の他人ならば距離を置いたり究極は縁を切ることもできますが一緒に住む家族だとそう簡単にはいきません。

我が家の場合は夫が不要なものを大量にためこむ「ためこみ症」であり、家族の生活スペースのほとんどが失われていて改善策もないまま20年以上が経ってしまいました。

警察に困っていると通報するわけにもいきません。これは家の中の問題です。

モノであふれる家の状態は通報するわけにもいかず家族の悩みの種である

家の中の問題は警察に通報するわけにもいかない

最近になり、ためこみ症という病気があることを知ってようやく納得できた部分もあるのですがその酷い状況は変わりません。

アルコール、浮気、ギャンブルがやめられない、借金を繰り返す…などなど思いつくだけでも困ったケースは数多くありますが、これらも依存症であり心の病気ですから、簡単に解決とはいかないでしょう。

一時的なものならば良いのですが、どれもすぐに改善しそうにない悩みのように思えます。

心の病気は目には見えませんし本人の心の中の根本的な問題を取り除くことが難しく、家族はその悩みと長年付き合うことになってしまう事が多いのではと思います。

相談することの難しさ

誰かに相談すれば良いと思われるかも知れませんが、親戚とは疎遠ですし夫の友人はひとりも無くそのような役割を頼めそうな人は一人もいません。

これは家庭内の問題であり自分たちで何とかしなければと私は考えていたのです。

夫に対してある時は泣きながら、あるいは怒りながら訴えてみたり、言葉で通じないのなら手紙を書いて文字にしたりと手段を変え何年にもわたって伝えようとしましたが何も変わりませんでした。

夫の母親が毎日我が家を訪れるので相談したこともあるのですが彼女も同じくためこみ気質であり悩みを全く理解してもらえませんでした。

それから20年もの月日が過ぎて「ためこみ症」という病気があることを知った時、私は初めてどこかに相談したい衝動にかられました。

どうやら夫は病気となるとかなり重症だと思われましたしこれはいくら頑張っても私の手には追えないと初めて感じたからです。

まず考えたのはネットでためこみ症の記事を書いていた大学病院の先生のいらっしゃる精神科を訪ねて相談してみることでした。

夫自身は何の苦痛もなく自分は正常であり周りがおかしいと考えているので本人を病院に連れていくことは難しい、まずは私だけで相談に行こうかと考えました。

けれどもそうしたところで結局最後は本人を連れていかなければ必要な治療が受けられません。

先生に相談の手紙を書くことも考えましたがこれも同じで結局は本人の受診が必要です。

仮に私が飲み薬などを受け取れたとしてもそれを飲まなければならないのは夫です。

普段から話し合うことすら難しくプライドも高い夫を相手に病院の精神科に行くことなど説得できそうにありません。

何とか病院に連れて行けたとしても家に帰れば「俺に恥をかかせた」というような的外れな捉え方をされる可能性が大きいのです。

どうしたら良いのかと堂々巡りのような考えが私の中をよぎる日々が続きましたが、そのうち疲れて諦めてしまいました。

長い月日の中でかなり夫のことで心をすり減らしましたし、今になってその夫を病院へ連れていくために説得するエネルギーが私には残っていなかったのです。

今までもそうだったように時間と労力を費やした結果何も変わらずに消耗してしまうのが怖かったのです。考えるだけでもうんざりです。

もっと若ければまだ頑張れたかも知れませんが今では精神科に夫を連れて行ったりどこかに相談することは全く考えなくなりました。

悩みを抱える家庭の多くがこうしてどこかに相談することを諦めてしまっているのかもしれません。

もし暴力を伴う家庭内の悩みなどはさらに外に向けて発信することは難しいと思います。その場合は迷うことなく警察にとは思いますがそれがまた他人ではないだけに難しい事だと思います。

時を待つこと

どうしても閉鎖的になりがちで周りから気づかれにくく長期化してしまう家庭内の悩み。

本人に相手の気持ちを察する想像力があれば話し合いを重ねて解決に繋げることもできると思います。

別々に住んだり、離婚して他人になってしまう方法もあるでしょう。

私の場合はすでに四半世紀に及び夫のことで悩んできたので今さら何かをするために動こうとは考えていませんしエネルギーを費やする気もありません。

話し合いで解決することも、夫がどこかの精神科に受診することも、夫が激変しない限りまず無いだろうと思います。

忍耐力を持って問題を解決するタイミングを待ち、自分や子どもたちの人生がその悩みのために暗いものにならないように精一杯充実させたいと考えています。

悩みをいつも真剣に聞いてくれる友人たちの存在は何にも変えられないほど私の中で重要です。

楽しいことを共有できる友達も大切ですが、大きな悩みにいつでも寄り添い合える友がいてくれるだけで私は元気でいられるのです。

そんな周囲の人たちに感謝の気持ちを忘れすに日々を過ごしながら状況が変化することを待っています。そのうちに問題を解決する時がきっとくるでしょう。

そうですね、あとは

自分が誰かにとって困った人になってはいないか?と時々胸に手を当ててみなければいけませんね…..。


コメント