日々思うこと

いじめの記憶 その1 恐怖の感情

日々思うこと
広告

いじめの記憶

これまでいじめを一切受けた事がないという方はどのくらいいるのでしょうか。

私自身は50数年生きてきた中で気づいているもので2回経験があります。ひとつは子ども時代、もうひとつは何と50歳にもなろうかという時のものです。

どちらも今の私を苦しめる事はありませんが、ニュースなどでいじめの事件を耳にすると時代が変わっても無くならない問題なのだなと感じます。

今回は私が子ども時代に経験した「いじめ」を元にいろいろと考えてみたいと思います。

いじめの恐怖

それが始まったのは小学校5年生の時だと記憶しています。

クラブ活動で一緒になった勉強もスポーツもできる隣のクラスのKくん。

小学生の頃の私は正義感を丸出しにして発言するような今思えば可愛げのない女の子だったと思います。そんな私に目をつけたのか、Kくんは次第に私に意地悪なことを言ってくるようになりました。

クラブ活動内で私が練習をいくらしてもできないことがあり、それをきっかけにからかいが始まりました。

その発言は私ができない事にとどまらず、容姿などのコンプレックスに感じている部分を絶妙に突いてくるのです。

初めはKくんもそんなに悪気は無かったのかもしれません。ですがまともにその言葉を受け、たじろいだり困ったりする私の様子が面白かったのでしょう。それはどんどんエスカレートしていきました。

好きな子に意地悪をするとかそんなではありません。

明らかにKくんは私が狼狽し逃げ出したい気持ちになっていることを知っていて楽しんでいました。

それは初めて経験する何とも嫌な気持ちでした。やがて私は学校にいる間も登下校の道中でもKくんが視界の中にいないことを確認するようになりました。

それは恐怖でした。

その一連の自分に起きている出来事を私は友人にも家族にも一言も言えないのでした。いじめられている自分の姿が情けなく恥ずかしいという思いからひたすら隠し通していたのです。

また先生などに言えばKくんの言動がエスカレートしはしないかとやはり言えないのでした。

そのうちに私は仮病を使って学校を休むようになりました。初めはわざと咳をしていたのですが病は気からというのは本当です。

私は本当にお医者さんで「気管支喘息」という病名をもらって堂々と学校を休むようになりました。

1学期中、実は体は元気なのに学校を休み、両親と兄弟が仕事や学校に行った後は家でダラダラと過ごしていたのです。

けれど家にいてもやはり頭の中からKくんの存在はひとときも消えることはありませんでした。

夏休みが過ぎ2学期が明け、何がきっかけとなったのか全く思い出せないのですが私はビクビクしながらも学校に行くことを再開しました…その辺りの記憶が全くないのです。

きっと毎日必死だったのだと思います。

このままではダメだと思い切ったのか、それとも先生に促されたのか。病気は治ったと診断がくだったのかもしれません。私はうまく本当の理由を隠していましたから両親は私がいじめに遭っているなどとは思いもしなかったでしょう。

小学校の間はKくんの存在に怯えた日が続いていたと思いますが、6年生から違うクラブに変更し何とかやり過ごしていました。

転機は中学校に進学した時にやってきました。

新しい自分のクラスの名前の中にKくんの名前があるではありませんか。しかもなんと私と隣どうしの席でした。

それを知った途端心臓が縮むような気がしましたが、もう怖がっている場合ではないと私は腹を括りました。こんな偶然に進学した先で席が隣になるなんて、神様がきっと私に勇気を出せと伝えているのだとすら思いました。

私は怯えることにもすっかり疲れていましたし、新しい環境に移ったというタイミングの力も借りて怖がることをやめてしまいました。

逆に自分から積極的にKくんに話しかけたりするうちに、いじめられていた頃の関係性はやがて薄れていきました。もちろん私の心の底にはその苦い記憶は消えることなく沈殿していますがそれが日々私を苦しめることは無くなりました。

今思えば、不思議な気さえするのですがそれは恐怖の体験でした。

人が怖い、自分はみっともなく情けない存在なのだと。

経験のない方には大袈裟に聞こえるかもしれませんが、いじめられている最中は恐怖の感情に支配されていたのでした。

今苦しんでいるあなたへ

普段は忘れていますが、40年経った今思い起こしてもやはりいい気はしません。

改めて今その思い出に向き合ってみると、中学進学時に同じクラスの隣の席になったことで否応なくいじめてきた子に正面から向き合わざるを得ない状況になったことで私はその地獄のような期間を終わらせることができたのだと思います。

もし、また隣のクラスだとか距離があれば私はKくんから逃げ続けたでしょう。そしてさらにいじめがエスカレートしたのかもしれません。

かなりの勇気が要りますが自分から相手に飛び込んでみるのも解決方法のひとつかもしれません。

嫌なアイツが目の前にいても顔を背けることなく胸を張って正面から顔を見てやりましょう。すると不思議なことに逃げているよりは遥かに関係性が良い方向に向かいます。

大人になった私は今でも、苦手だと直感した相手に出会うと意識して自分から積極的にコミュニケーションをとることにしています。

子ども時代のいじめは大人によくあるような恨みやマウンティングではなく、単に「相手の反応が面白い」という感情に動かされているのではないでしょうか。

敏感に反応してしまう素直な子がターゲットになりやすいとも言えるでしょう。

いじめてくる相手は罪の意識もなくこちらの反応をただ楽しんでいるに過ぎないのです。あなたは相手に楽しみを与える義理はありません。

かつての私と同じようにいじめられている自分が情けなく恥ずかしいから誰にも悩みを打ち明けられない人もいるでしょう。でも、本当に情けなく恥ずかしいのはあなたではなくいじめている張本人です。

当時の私にはそれができなかったのですが、勇気を出して誰か一人にでも相談する事ができれば苦しみは随分減るのではないかなと思います。

いじめが無くならない不変のものだとすれば、解決方法は誰かを頼り相談し、自分をさらけ出せる相手を持つということかもしれません。

ネガティブな気持ちを全くのひとりで抱え込むことは簡単なことではありませんから。

情けない姿、みじめな自分をさらけ出せる相手をひとりでも持つことができればいじめ問題に限らず人生の中のいろいろな場面で心強いものです。

何故あんなひどい意地悪をしたのか純粋に本人に聞いてみたいですが消息も分かりませんし、きっとKくんは私のことなんてひとかけらも覚えていないと思うんですよね…。

そんな感じで時の経過が全てを流していくことでしょう。

今悩んでいる方も自分を大切にしてしっかり生きていってほしいと願っています。



コメント